同棲.com

【同棲にお得な情報】 知っておきたい結婚式マナー

[PR] 同棲すると約90%のカップルが結婚までいかずに別れてしまうそうです・・・

結婚式を実現させようと頑張っている方も多いと思います。
楽しく皆に喜んでもらえる挙式にしたい!これは誰もが思うことですよね。
ただ、楽しくするがあまりに、マナーを見失っては意味がありません。
マナーあって、許される範囲での楽しみを演出できれば、それは最高の挙式になるはずです。
そこで友人の挙式に招待された場合、結婚式がどういうものなのか学ぶようにしましょう。
特に結婚式で重要なのが服装です。マナーとしては女性の場合、パンプスを履くのがベターなようです。
時代も変わり、最近は素足にミュールやサンダルの女性もよく見かけますが、古風な人たちは、あまり好ましく思わないようです。
例えパンプスであっても、サンダルやミュールのように、つま先やかかとが出ているものは避けるべきです。
また、つま先が出ているのは、「妻が先に出る」という言葉にかけて、縁起が良くないとも言われています。
更にファーやヘビ革などは、「殺生」を思わせる素材であるため、こんな所もマナー違反となりますから、注意しておきましょう。
ドレスを着て結婚式に出席する場合、ストッキングを履くかどうかも悩みの種ですよね。
マナー的には履いたほうがいいのですが、どうしても履きたくない場合もあるでしょう。
そういった場合は、ストッキングを履いているかのように魅せる事ができる「脚用ファンデーション」が有効です。
美しい脚に仕上げたら、結婚式の靴も肝心です。その脚に合った形のものを選ぶように心がけましょう。
最近挙式では、黒い服を着る女性が多いようですが、これもちょっと考えものです。
なぜなら黒い服の人が数人集まってしまうと、華やかな結婚式を暗くしてしまうので、できるだけ黒は避けましょう。
黒は決してマナー違反ではありませんが、祝うという意味合いには適していません。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 同棲.com All Rights Reserved.